乳首の黒ずみに悩む女性は、非常に多いといわれています。そんな女性たちが、乳首をピンク色にしようと実践している方法は沢山!今回はその中でも、薬局で販売しているお薬についてご紹介してみようと思います。

乳首の黒ずみ対策に効果的な美白成分

そもそも、乳首の黒ずみ対策には具体的に何があるでしょうか?まず代表的なものでいえば、美白のケアがあります。ビタミンC誘導体やハトムギエキスにアルファアルブチンなど、美白成分と言われるものが配合されているお化粧品を、乳首のケアとして使用している女性が多いようですね。

他には同じ化粧品でいうと、スクラブやふき取りの化粧水を使用している女性もいます。この効果は美白、というよりもどちらかというと角質ケアが主になってきます。古い角質を取り除くことで、お肌の生まれ変わりをスムーズにしてくれるというもの。この生まれ変わりがスムーズではないと、より一層乳首の黒ずみを招いてしまいますからね。

場合によっては病院でレーザー治療

他にもこちらは最終手段ですが、お医者様に頼るという方法も。最近では、乳首の黒ずみに悩む方も多いようですので、恥ずかしがらずに相談してみるといいかもしれませんね。

レーザーで治療するなど、その治療方法は様々あります。口コミなどをチェックして、信頼あるお医者様を見つけるのがおすすめです。私の知人にも、信頼あるお医者様を見つけ、施術後すぐにピンク色の乳首を手に入れた方がいました!即効性の面でも、非常に人気があるようですよ。

薬局で買える乳首の黒ずみケア商品

さてここまで数多くの乳首の黒ずみ対策をご紹介してきましたが、冒頭でご紹介した薬局で販売しているお薬を使う、という方法について早速掘り下げてご紹介していきます。というのも、実は化粧品だと中々効果を実感できない…という女性の間で最近話題を集めているんだとか。では、どういったお薬が効果的なのでしょうか?

ハイドロキノンで漂白する

まず代表的なものでいうと、色素沈着に効果がある外用薬(塗り薬)「ハイドロキノン」です。これは病院でも処方してもらえるもので、市販薬にもハイドロキノンが配合されたものがあります。ハイドロキノンはメラノサイトに働きかけ、メラニンの過剰生成を抑える働きがあります。ただし、一つ注意点があります。このハイドロキノンは効果が高い反面、正しく使用しないと肌のかゆみや赤みを伴う可能性があるようです。お医者様や薬剤師さんの指示のもとで、決められた用法・用量を守って使用することが大切ですね。

トレチノインで皮膚の代謝を良くする

又、ハイドロキノンの他には「トレチノイン」も色素沈着への効果が高いと言われているようです。トレチノインは皮膚の代謝を促してメラニンを排出する作用があり、塗った後は表皮の剥離が起こります。ハイドロキノンとの併用も可能なんですよ。ただ、こちらも又注意点が一つ。それは、妊娠中の使用はNGということ。妊婦さんは、使用することが出来ませんので注意してくださいね。

飲み薬で内側からケアをする

又、上記では塗り薬を主にご紹介しましたが、内服薬(飲み薬)という手もあります。色素沈着の治療に用いられる内服薬には、ビタミンCやL-システインが配合されていることが多いですね。いずれも、メラニンの生成を抑制し、肌代謝を助けてくれますよ。

この記事のまとめ

このように、薬局で販売しているお薬でも乳首の黒ずみ対策は十分可能です。ですが、いずれにしてもいえることは、手軽に購入できる半面で、病院の処方薬に比べて効果が穏やかだということ。結局は、上記でもあげた美白の化粧品を使用しているときと、さほど差はないのかもしれません。又、自分に合うものが判断しづらいなどのデメリットもあります。自己判断で使用してしまうと、お肌トラブルを招いてしまうことも…。ですので、まずは薬剤師さんなどプロに相談する。あるいはより一層の効果を求めるのであれば、やはり美容皮膚科などの門をたたいてみるほうが、安心安全に乳首の黒ずみを緩和できるかもしれませんね。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー