納得できる乳首をピンクにするクリームの選び方

女性の多くは、乳首の色に悩みをかかえています。黒い乳首の女性は男性と遊んでいる…なんて噂が知れわたっているので、男子の多くがキレイなピンク色にあこがれています。乳首の色と男性経験に関しては全く関係のない事実ではあるのですが、このイメージはもはや沢山の人々に根付いてしまっていますし、そうはいってもいられません。こういった噂も相まって、乳首の色をピンクにしたいって人は多いのですね。そんな悩みを解決しようと、最近乳首を美白する人は増えている傾向にあります。今日はそんな女性たちに、納得のできる乳首をピンクにするクリームの選び方を伝授していきます。

デリケートゾーン専用のクリームを選ぼう

まず第一に、選び方の大前提として覚えておいてほしいのが乳首の皮膚は非常に敏感な部分だということ。下手に適当な商品を選んでしまうと、お肌トラブルのもとになりかねません。しっかり、専用のクリームを選んであげましょう。お顔用のものを使用して肌があれた!なんて声もちらほら聞きますので、注意してくださいね。

乳首の黒ずみケアのクリームには2種類ある

乳首の黒ずみケアのクリームには、それぞれ全く効果が違うクリームが2種類あるといわれています。それは、ピンクに着色するクリームと黒ずみを美白するクリームです。それぞれ、効果や成分は全く異なってきます。そのため、間違って購入した人の口コミが多く見受けることができるので注意が必要です。

化粧感覚で一時的に乳首をピンクにするクリーム

まず、乳首をピンク色に着色してくれるクリームについてです。これは、乳首をピンクにする為の着色剤が成分として配合されているのがこのタイプです。効果としては即効性があり、その場でピンク色にすることができます。色の付いたパウダーを、バストに上塗りすることで色を変化させることができるのですね。とっても手軽で簡単ですので、急なデートなどにも対応可能です。ただ、デメリットとしては汗や洋服に触れて落ちてしまうことです。そのため、一時的しか効果はなく、下着などに擦れることでだんだんと色落ちをしてしまいます。また、ブラジャーについてしまうこともあるので注意が必要となります。又、こちらのタイプは、効果を感じている人の多くは色素が薄い人がその大半だということ。黒い乳首に色が明るいパウダーをつけたとしても、下地の色が濃いためにほとんど変化をしません。乳首や乳輪の色が薄ければ薄いほど、ピンク色に変化をさせることができるようになっているんですね。

乳首の黒ずみを根本的に改善する美白クリーム

続いては、黒ずみを美白するクリームです。このタイプは、美白の成分が配合されています。
代表的な成分だと、アルブチンやプラセンタなど。お顔用にも良く配合されているため、聞き覚えもあるかもしれませんね。効果としては、やっぱりメインとして美白。また、保湿成分などの美用成分が配合されているものがほとんどですのでお肌ケアも同時に可能。乳首が黒くなる原因は、肌への刺激が関係しています。そのため、刺激から守るバリア機能を高める成分とターンオーバーを促進させる美容成分が配合されていることが多いんですよ。

乳首の黒ずみを改善するクリームの選び方

さて、ここまで大まかに乳首の黒ずみに対するクリームについてご紹介してきましたが、種類を間違えずに選ぶ際のポイントを簡単にまとめてご説明します。

まずは、お肌に合う合わないをしっかり確認すること。サンプルがあるようであれば、サンプルを試してみてから購入するのもいいでしょう。

そして、第二に、医薬部外品であるかどうかということ。というのも、黒ずみクリームには美白成分が配合されている為、医薬部外品となっていることがほとんどです。逆にピンク色に着色するクリームに関しては、単なるパウダーとなるので医薬部外品としての表記の許可がおりません。販売されているクリームやラベルを確認することで、間違えずに選ぶことができますので、チェックしてみてください。医薬部外品であれば、効果がある程度保証されています。

本当に黒ずみが緩和されるのかどうか…疑問に思いながらだと中々続きませんよね。何よりも続けることが大切ですので、そういった意味でも確認することをお勧めします!そして最後に大切なのは、一時的にピンクにしたいのか、それとも根本的に美白をしたいのか。ここで大きな差が出ます。とりあえずの対応でいいのか、将来的にずっとピンクの乳首を保ちたいのか…?自分自身の希望と照らし合わせて、しっかり吟味してみてくださいね♪

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー