hikakureza

乳首の黒ずみに悩む女性の救世主として、近年注目を集めているのが美容クリニックによるレーザーでの治療です。化粧品などを使用して美白する方法や紫外線対策をしたり下着を変えてみたりするよりも、より確実に早い段階で乳首をピンク色にすることが出来ると話題なんだといいます。現在この施術において、人気を二分しているレーザーがあります。それは、QスイッチYAGレーザーとピコレーザーです。ここでは、この2つのレーザーの違いを分かりやすくご紹介していきます♪

QスイッチYAGレーザーとピコレーザーの違い

そもそも日本でこれまで主流だったのは、QスイッチYAGレーザーです。QスイッチYAGレーザーの特徴は、1秒の10億分の1という時間でレーザーを発するということ。素人からするとなんのこっちゃ?わけがわからないですよね…。

一方で、ピコレーザーはそれを更に上回る1兆分の1秒という短さです!どちらにしても、想像を絶する考えられない短い時間ではありますよね。ただ、照射の時間が短いほうがお肌への負担が少ないのは間違いありません。

そういった点では、ピコレーザーに軍配が上がります。ただ、いずれにしても最新の技術力を備えたレーザーということには間違いはありませんね。

ダウンタイムでの比較

続いては、気になるダウンタイムです。ダウンタイムについて、簡単にまずはご説明しておきます。レーザーを照射した後は、一時的にお肌に赤みやほてり、腫れが出る場合あります。例えばホクロを除去した場合、照射後はその個所が赤黒くなります。個人差はありますが、その後3日くらいからかさぶたになり、そこから一週間ほどで自然とかさぶたがはがれ落ちます。つまり、この場合ダウンタイムは一週間程度と言うことができます。ただ、かさぶたが取れた後も傷跡は残りますので、これが完全に消えるタイミングをダウンタイムとするならば、3ヶ月程度はかかる恐れがあります。

このダウンタイムに関して、両者を比較してみます。まずはQスイッチYAGレーザー。施術後は患部に紫外線が当たらないように気を付けるよう指示されますが、紫外線に当たらなくてもかさぶたが剥がれた後に、炎症後色素沈着が起こる可能性があります。ただこれは失敗ではなく、誰でも起こりうる副作用。ニキビ跡などと同じで、肌の生まれ変わりにより徐々に薄くなり、やがて消えるものではあるんですよ。一方で、ピコレーザーです。ピコレーザーは、このような炎症後色素沈着などのリスクが少なくなります。というのも、ピコレーザーは、QスイッチYAGレーザーの1000分の1の時間で照射します。ですので、皮膚に熱によるダメージを与えにくいんですね。熱の影響が少ないことによるメリットは他にもあり、照射時の痛みも軽減されると言われています。そのため麻酔が不要になることも多く、私たちの費用負担が少なくなるのも良いですね。(麻酔は別途費用が必要なクリニックが多いんですよ!)この点が、一番の違いといえるでしょう。

この記事のまとめ

さて、ここまでQスイッチYAGレーザーとピコレーザーの違いについてご説明してきましたが、日本ではまだまだQスイッチYAGレーザーが主流だといいます。ただ、ピコレーザーをいち早く取り入れているクリニックがあるのも事実。事前カウンセリングや口コミなどをチェックしてみて、自分自身にはどちらがあっているのかをしっかりチェックしてみましょう。信頼のある医師やクリニックを見つけることが、なによりも綺麗なピンク色の乳首を目指す近道だといえるかもしれませんよ♪

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー