「乳首の黒ずみ」でお悩みの方もの多いのではないでしょうか。「乳首の黒ずみ」はなぜ起こるのでしょうか。黒ずむ原因を知り、その行いを改めて同時に黒ずみ自体を改善するケアを行っていくことで、乳首の黒ずみは解消できます。

乳首の色は人種によって違う

乳首は、白人、黒人、黄色人種と、肌の色が異なるように、乳首も生まれつき黒い色の方もいらっしゃいます。これは各人種の「メラニン色素」の量が異なるために起こる遺伝的要因によるものですが、幼い頃の乳首はピンク色だったのに、どんどん黒ずんできたという方は、生まれ持ったものではなく後天的な要因によって黒ずんできたと考えられます。

お風呂での乳首の黒ずみ対策

段々黒ずんできてしまった大きな原因は、摩擦による外部からの刺激やホルモンバランスの乱れなど内面によるものです。摩擦による刺激には、洗い方、身に着ける下着などが関係しています。 ここでは、洗い方について少しふれていきます。ゴシゴシ洗うなどの刺激によって起こる摩擦は、乳首の黒ずみの大きな原因となります

刺激から肌を守る為に、メラニン生成が活発になり、結果メラニン色素が増加し、肌のターンオーバー(新陳代謝)が狂い乱れ、徐々に黒ずみとなってしまうためです。また皮膚に必要な菌まで流してしまい、肌自体の自浄作用も弱まります。

体を洗うナイロンタオルは禁止

さらに毎日の習慣として、ナイロンタオルを使用して体を洗っている方は要注意です。 ナイロンタオルで体を毎日洗う行為は、乳首の黒ずみの原因になります。ナイロンタオルでかゆいところを強くこするとイタ気持ちいいと感じることがあります。それが習慣になると、肌への非常に刺激が強くかかります。肌の汚れだけでなく角質や潤いを洗い流し、角質層に傷がついてしまいます。こする自体に摩擦刺激であるだけでなく、皮膚の下で炎症が起きて、乳首の黒ずみ、肌全体の乾燥、色素沈着を引き起こしてしまいます。このナイロンタオルが原因で黒ずみや色素沈着が起きてしまう症状を「ナイロンタオル皮膚炎」とも呼びますが、黒ずみや色素沈着が起きてしまった場合は、化粧品でのケアや美容治療でもなかなか治せないこともあります。このような症状を起こさないためにも、柔らかい綿素材のタオルなどで優しく洗いましょう。

ボディーソープは低刺激をチョイス

また、体を洗うボディーソープや石鹸には、皮膚に刺激が強い成分が含まれているものがありますので洗浄剤にも配慮したいものです。 刺激の強い洗浄剤で乳首をこすり洗いしていると、敏感な乳首は炎症を起こしてしまいます。それが黒ずむ原因にもなりますので注意が必要です。肌に優しい弱酸性の天然由来の洗浄成分、殺菌成分の配合されているソープなどをしっかりと泡立てて、その泡で包みこむようにして洗いましょう。

下着のスレや摩擦に注意

加えて、摩擦による刺激には、身に着ける下着なども関係しています。肌に合わないキツめの下着は乳首を圧迫します。またサイズの大きい下着でも、下着が動くことによりこすれ、摩擦となり黒ずみの原因となる可能性があるので気を付けましょう。肌に身に着けるものとして一番望ましいのが天然由来の成分で出来ている綿やシルクといった素材です。そしてタイトなものでなくサイズの合った下着を着用するように心がけることも大切です。

このように毎日の洗い方ひとつでも、それが習慣となれば、乳首や肌に負担をかけてしまいますので、日々気を付けたいものです。加えて、毎日の生活習慣を正し、黒ずみ解消する専用のクリームなどでケア行い、美乳首を目指しましょう。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー

実際に使ってレビューをした記事は下記のリンクに掲載してます!
ホワイトラグジュアリーの効果を徹底検証