人種による皮膚の色の違いは、メラニン色素の量が大きく影響しています。私たちの肌には、メラノサイトと呼ばれる色素細胞があります。メラノサイトの中には、チロシンというアミノ酸があり、チロシナーゼという酵素と化学反応を起こして、メラニン色素を合成しています。黒人・白人・黄色人種で肌の色や髪の色に違いがあるのは、このメラニン色素の量が異なるためです。

ユーメラニンとフォエオメラニンとは


メラニン色素には、ユーメラニン(黒色メラニン)とフェオメラニン(肌色メラニン)の2種類があります。皮膚の色はユーメラニン(黒色メラニン)とフェオメラニン(肌色メラニン)の2つのバランスで決まります。この2つのメラニンは異なる性質をもち、それぞれが増減することで肌の色が白くなったり、黒っぽくなったりします。

白人はユーメラニン(黒色メラニン)の割合が少なく、黒人はユーメラニン(黒色メラニン)の割合が多いといわれています。日本人のような黄色人種はその中間ですが、紫外線を浴びることで肌色が大きく変化するといわれています。

ユーメラニンとは

ユーメラニン(黒色メラニン)とは、黒褐色(茶~黒色)のメラニン色素で、紫外線を浴びて肌が黒くに変化するのは、このメラニンの増加によるものです。ユーメラニンはターンオーバーによって排出されずに皮膚に残ってしまうとシミ、色素沈着、黒ずみ、肌のくすみにつながることがあります。

フェオメラニンとは

一方、フェオメラニン(肌色メラニン)とは、黄色~赤色のメラニンで、透明感のある白い肌を引き出すメラニンです。このフェオメラニンの割合が多いほど、透明感のある白い肌を保つことができます。フェオメラニン(肌色メラニン)の割合を増やすことで、シミ、くすみの目立たない明るい肌へ導くことができると考えられたます。

また、ユーメラニン(黒色メラニン)が多い人ほど、皮膚内で紫外線を吸収して日焼け後の炎症、赤味や皮膚がんの発生を予防する能力が高いといえます。逆に、ユーメラニン(黒色メラニン)が少ない人は、紫外線によるダメージを強く受けます。肌の色の白い人が、日焼け後の炎症、赤味やシミが出来やすいのはそのためで、白人に皮膚がんが多いとされるのもそのためです

人種や体質によるメラニンのバランスは変えられませんが、透明感のある白く美しい肌を維持するためには、ユーメラニン(黒色メラニン)の生成を抑え、フェオメラニン(肌色メラニン)の割合を増やすことが大切です。具体的にどのような方法があるでしょうか。

ユーメラニンを減らす方法


ユーメラニン(黒色メラニン)の生成を抑えるには、第一に紫外線を浴びないことです。紫外線を浴び続けると、メラノサイトが活性化し、ユーメラニン(黒色メラニン)が多く生成され肌の色を黒くさせます。健康な肌の場合は、一時的に黒く日焼けをしても、肌の新陳代謝によって黒色メラニンが排出され数日後には元の肌色に戻ることができます。

しかし加齢やストレスなどの影響により新陳代謝のサイクルが正常でないと、そのまま肌の表面に色素が残り沈着しシミに変わってしまいます。普段から紫外線に気をつけ、日焼け止め対策をキチンと行うことで予防することができます。

刺激を与える行為もNG

また、皮膚に摩擦などの物理的な刺激を与える行為もNGです。皮膚の防御反応によってユーメラニン(黒色メラニン)がたくさん作られてしまいます。例えば、体をゴシゴシこする行為や、締めつけのきつい下着を着用し続けるなど、摩擦によって「摩擦黒皮症」とわれる色素沈着をまねくこともありますので注意が必要です。

フェオメラニンを増やす方法

一方、フェオメラニン(肌色メラニン)の割合を増やすには、食生活、睡眠、女性ホルモンを整えることなどが有効です。さらに美白効果のあるサプリメントの服用や外用薬、化粧品などを活用するのもよいでしょう。これらを併用していくことが透明感ある美肌維持につながりますので日頃から意識していきたいものです。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー