出産後に乳首の色が黒くなってしまったという方は多くいらっしゃいます。これは女性ホルモンの変化によるものです。妊娠~出産後は乳首や乳輪が黒ずんで茶色っぽい色に変化していきます。

ホルモンバランスの変化で乳首が黒ずむ


体内のエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが通常の体とは異なり活発になり女性ホルモンが急激に増加するためです。女性ホルモンが増加し活発になるとメラノサイトというメラニン色素生成細胞の動きも活発になり、メラニンが多く放出されます。もともとメラニン色素が多く、色素沈着しやすい乳首は、出産後乳首の色が黒くなり、黒ずみが目立ってきます。そして出産後は赤ちゃんにおっぱいをあげますが、赤ちゃんが吸う乳頭は、吸われることが刺激になり、体が授乳による刺激から肌を守るようメラニンの働きが活発になり黒ずんでくると考えられます。

赤ちゃんの目印で乳首が黒ずむ


また、出産後に乳首が黒くなる原因として、赤ちゃんは産まれて間もなくは視力がほとんどありませんが、赤ちゃんへの目印として、少しでも赤ちゃんがおっぱいを探しやすいように乳首が黒くなってくるともいわれています。このような原因から、女性は産後、乳首が黒くなる傾向がありますが、個人差はあるものの、通常は出産、授乳期を終えると黒ずみはもとの状態に戻ります。ですが、出産、授乳を機に完全にもとの状態に戻らずに妊娠前よりも乳首の黒ずみ増してしまったといい方が多いのも事実です。出産後はなかなか乳首の黒ずみのケアまで手が回らないのが現状で、気になっても放っておく方が多く、そのままの状態のままにしてしまうとさらに黒ずみは進行してしまいます。

妊娠前の乳首の色に戻すには


妊娠前の乳首の状態に戻すために、日頃の生活習慣に気をつけるだけで予防ができます。何点かご紹介しますので是非意識して実践なさってみてください。乳首の黒ずみは外部からの物理的刺激が良くありません。刺激を与えすぎるとメラニン色素は肌を防衛するためにより活発に働き黒ずみは増す可能性が高くなります。

乳首への摩擦を減らす


外部からの刺激で一番気を付けなければならないことは、毎日つける下着による刺激を避けることです。乳首を保護するブラジャーは肌にやさしい素材を選び、正しいサイズを着用しましょう。また体を洗う際のゴシゴシこすり洗いの摩擦も乳首に刺激を与えることになります。ナイロンのタオルは刺激が強いため避けましょう。もちろん気になるからといって、さわり過ぎはNGです。

活性酸素を減らす


また内面のケアとして気を付けるべきこともあります。黒ずみを予防し、キレイな肌(乳首)を保ち続けたいと思うならば、体内の活性酸素を増やさないような生活習慣を心掛けることが大切です。活性酸素とは、他の物質を酸化させてしまう物質です。本来活性酸素は、体内の細菌やウイルスとたたかう良い役割を担っていますが、過剰に発生してしまうことで体の細胞までも酸化させ、肌の黒ずみ、シミ、肌荒れなどを引き起こします活性酸素を増やさないようにするには、まずは食生活に気を付けることです。食品添加物、大量のアルコールなどの摂取は活性酸素を増やす原因となります。食物は通常、肝臓などで解毒され、最終的には無害なものとなって体外に排出されるようになっていますが、食品添加物、大量のアルコールは、解毒に肝臓に負担を掛け、活性酸素を大量発生させてしまうことにつながってしまいます。

その他に気をつける事

その他、ストレスを溜めない、睡眠不足、紫外線を浴びすぎなども活性酸素を増やす原因ですから日々の生活で気をつけたいものです。まずこれらを意識することが、出産後の黒ずみをもとの状態に戻すサポートとなりますので、実践、習慣化していくと良いでしょう。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー