乳首の黒ずみとホルモンバランスの関係

女性特有の悩みとして、多く挙げられる乳首の黒ずみ。私の周りにも、本当に悩んでいる女性が多くいます。実は彼女たちの話を聞いていると、「仕事で忙しいからホルモンのバランスが崩れているのかな?」と考えている女性が非常に多いようです。確かにホルモンバランスの影響が関係して、乳首が黒ずんでしまう場合もありますがその理由は本当に様々。今回はホルモンバランスが影響して、乳首が黒ずんでしまう場合についてご案内していきます。

ホルモンバランス以外の要因

ではまずはその前に、ホルモンバランスが原因ではない場合も実は数多いので、他の原因についても簡単にご紹介しておきます。

加齢が原因

まずは加齢です。年齢を重ねるごとに、乳首が黒くなってしまいます。これは肌の新陳代謝が遅くなり、古い角質やメラニン色素が肌に残ってしまい黒ずむためです。ですがこの現象は高齢になれば、逆にメラニンの生成が衰えて、次第にピンク色に薄まってくるといわれていますよ。

紫外線が原因

続いては紫外線です。紫外線といえば、シミやそばかすでしょ?と思うあなたは実は勘違い!実は、紫外線を一番吸収するのは「目」だということはご存知でしょうか?目に紫外線が当たると、目の細胞がダメージを受けます。その情報が脳に伝わることで、メラニン色素が分泌されるんです。メラニンが色素沈着し、結果として乳首が黒くなるというメカニズムになっているんです。ですので、ぜひ紫外線が強い日にはサングラスやUV加工されたコンタクトレンズなどを使用するのがおすすめ。そうすることで、目からの紫外線を防ぐことが出来ますよ。

摩擦が原因

そして、摩擦。下着などの摩擦による外部刺激でも、メラニン色素は生成されてしまいます。日々の下着などの摩擦や、入浴時に強く擦りすぎるなどは厳禁。又、乳首の周りの産毛をカミソリやシェーバーで剃ることでも肌に大きな刺激を与えるので注意が必要。お肌に優しい下着を着けたり、とにかく優しく丁寧にバストトップは扱いましょう。

ホルモンバランスが原因で乳首が黒ずむ

では本題に入り、ホルモンバランスが原因の場合についてご案内していきます。まずは、妊娠出産・授乳によるものです。実際に妊娠すると、バストが大きくなりそれに伴い乳輪も大きくなり色も黒っぽくなってしまいます。これは、妊娠により女性ホルモンのバランスが変化し、胸のハリ・乳首が敏感になりブラジャーに擦れただけで痛むという変化と共に、乳首や乳輪が黒ずんでくる、というメカニズムです。

又、妊娠中は授乳に備えて肌を強くするためにメラニン色素が増え、乳首が黒くなるというメカニズムも。他にも赤ちゃんが乳首を見つけやすくするために、黒くなっているという説もあるんですよ。ただこの場合は、一時的に2つの女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が急激に増えることで、メラニン色素の色素細胞を刺激し、分泌を促すことでメラニン色素が増えることで黒くなってしまうだけ。母子のために黒くなっているので、心配する必要もないですし、出産が終われば自然と色も戻ります。

ストレスが原因でホルモンバランスが崩れる

続いては、ストレスです。ストレスが原因で自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスも悪くなります。女性ホルモンは本当に敏感なものです。ストレスだけでなく、過度のダイエットやバランスの悪い食事に不規則な生活習慣。他にも冷え症によっても、喫煙によっても、睡眠不足・運動不足によってもホルモンバランスは崩れてしまいますよ。

この記事のまとめ

乳首の黒ずみにはたくさんの理由があります。自分自身の黒ずみの原因をしっかり把握し、専用の化粧品を使うなどのケアも大切。そしてなにより化粧品ケアだけではなく、生活習慣の見直しもとっても大切。ホルモンバランスが崩れていては、化粧品の効果も半減してしまいます。ホルモンバランスが乱れないように心掛けるだけでも、乳首の黒ずみは改善されますよ♪

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー

実際に使ってレビューをした記事は下記のリンクに掲載してます!
ホワイトラグジュアリーの効果を徹底検証