「乳首がピンク色でない女性は遊んでいる女性が多い」-そんな噂を耳にすることがよくあります。実際、そんな話を信じ込んで、自分が好きになった女性の乳首がピンク色でなかったというだけで、別れを考えることになってしまったという男性も多いとか…。女性側も気にしてはいても、乳首という場所柄、なかなかほかの人には相談しにくく、思いのほか悩みが深刻になってしまうようです。しかし、上記のような噂はあくまで噂!乳首が黒ずむのには実はさまざまな原因が絡んでいることが多く、乳首がピンク色でない=遊んでいるというわけではないんですよ!

乳首の黒ずみケアをしている女性は少なくない

ただ、噂は噂とは言っても、女性としてはなかなか気にせず過ごすのも難しいですよね。実際に、乳首の黒ずみに悩んで様々なケアを行っている女性も多いんです。紫外線の影響を気にして、乳首に日焼け止めを塗って保護している女性もいます。女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことでも乳首は黒ずむため、女性ホルモンのバランスを整えるよう食生活で豆乳を飲んだりキャベツを食べたり意識して生活している女性もいます。又、中でも意識の高い女性に関しては、乳首専用のケアクリームなどを使用している女性もいるんですよ!ただ、ここまで涙ぐましい努力をしていてもなかなか黒ずみが緩和されない…という声も多いようです。

乳首の黒ずみが治らない原因

では、ケアを必死にしてもなかなか黒ずみが治らない原因とは一体何なのでしょうか?それは実は、「摩擦」の場合が多いといいます。そもそも、摩擦によって乳首が黒ずんでしまうというのをご存知でしょうか?というのも、デリケートゾーンである乳首は、下着・ブラジャーが擦れるだけでも実はとっても刺激になってしまうんです。これは、体がブラジャーの摩擦を害のある刺激と感知してしまうから。これによりメラニンが色素沈着し、乳首を保護しようとすることで黒ずみがおこります。その他、刺激する要素はメラニン色素を活性化させる要因になるんですよ。ですので、せっかく冒頭で上げたような乳首ケアを一生懸命行っていたとしても、摩擦が起きてしまっては意味がなくなってしまうんです!では乳首のケア中に摩擦を避けるためには、どうしたらいいのでしょうか?

乳首の摩擦を減らす方法

まず大前提として、皮膚への摩擦を減らすことが大切です。摩擦をなるべく減らすためにも、身体を洗う際にはたっぷりの泡でやさしく洗うようにしましょう。しっかり泡立てずにボディソープを使って身体を洗ってしまうと、それがまた刺激になってしまうんですね。最近ではもともと泡となって出てくるボディソープも多く発売されていますので、泡立てるのが面倒という方は、そういったタイプのボディソープを利用するのもいいかもしれませんね。また、身体のサイズに合った下着を身に着けることで、乳首への余計な摩擦を減らすことも可能です。合ったサイズでないと、パカパカと下着がずれて乳首と下着が摩擦します。下着専門店などには専門のスタッフもいますので、しっかり相談して自分に合った下着を購入しましょう。そして、サイズ感だけではなく、下着の素材にも注意が必要。もし、ポリエステルや化学繊維のものだった場合は、綿素材のものに変えるのがおすすめです。綿素材と違って、ポリエステルは肌に刺激を与えてしまいがちなんですよ。

ボディソープと下着。この2つを気を付けるだけで、乳首の黒ずみはだいぶ改善されるとも言われています。せっかくの乳首ケアが無駄にならないように、ぜひ意識して摩擦を避けてみてくださいね♪

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー

実際に使ってレビューをした記事は下記のリンクに掲載してます!
ホワイトラグジュアリーの効果を徹底検証