乳首の黒ずみの原因である「メラニンの過剰生成」とは!?

男性の女性に対する理想や憧れは非常に多く、内面だけではなく、得に外見面で理想を追い求めている男性が多いとか。その為女性はダイエットに励んだり、スキンケアにいそしんだり…涙ぐましい努力をしていますよね。

細い華奢な女性や、つるつるなお肌の女性等といった理想だけではなく、実は男性が多く抱いている女性に対する外見の理想で、胸に関する事柄が多いのはご存知の通り。大きいほうがいい、小さいほうがいいなどその理想は様々ですが、共通していわれているのが、乳首の色はピンク色がいい!というものなんだそう。

乳首が黒ずんでいると遊んでいる

これには見た目だけの単純な理由ではなく、乳首の黒い女性は多くの男性と遊んでいる…なんて思い込みがある男性も多いのが現状。根も葉もないうわさ話で、女性にとっては迷惑な話ですよね。

ですがこうした男性の理想を追い求めて、乳首の黒ずみに強いコンプレックスを抱いている女性は少なくありません。しかも、ダイエットやスキンケアとはまたちょっと異なり、非常にデリケートな場所のため、周りに相談しづらいのも現実。ひそかに悩んでいる女性も多いはず。では、そもそもどうして乳首は黒ずんできてしまうのでしょうか?

乳首が黒ずんでしまう原因

乳首が黒ずんで見える理由は、いくつかあるとされています。まずは、年齢によるもの。年を重ねることで、肌の新陳代謝のリズムが崩れてきます。そうすると肌のターンオーバーのスピードが乱れ、本来少しずつ排出される(剥がれていく)はずの古い角質やメラニンがそのまま肌に残ってしまいます。その為、黒ずんで見えてしまうんですね。

刺激によりメラニンが増加する

そして、刺激によるもの。肌は、外部から様々な刺激を受けています。摩擦や圧迫などが、これにあたります。ブラジャーなどで、自然に刺激を受けてしまうんですね。そうすると肌を守ろうと、過剰にメラニン色素が生成されます。これが肌に蓄積されてしまうため、黒ずんで見えるようになるんですね。

妊娠でメラニンが過剰生成される

他にも、妊娠が原因の場合もあります。妊娠すると、出産後の授乳に備えて、乳房は自然と準備段階に入ります。赤ちゃんの吸引力に負けないよう肌を守るために、メラニン色素が過剰に生成され、結果として妊娠を迎えた女性の乳首は黒ずんで見えるケースが多いというわけなんですね。ただ、この場合は、一時的なものだとされています。授乳の期間が終われば、徐々に自然と元の色に戻ると言われていますよ。

メラニンの過剰生成が乳首の黒ずみの原因

ここまでお話をして、やっぱり避けられないのか…と思うのはまだ早いです!上記すべてに共通しているのが、「メラニンの過剰生成」だということはおわかりいただけたはず!ですので乳首の黒ずみを解消するには、まず過剰なメラニン生成による色素沈着を何とかすればいいんです。

ハイドロキノンでの乳首の黒ずみケア

では、具体的にどうすべきなのか。まずはケア製品を見直してみましょう。色素沈着に有効といわれている成分の代表例として、ここでご紹介したいのはハイドロキノンです。

あまり聞きなれないかもしれませんが、このハイドロキノンには、メラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、メラノサイトの数を減らす作用があるとされています。ですので、ハイドロキノンが配合されている化粧品を使用すると、色素沈着は徐々に緩和するといわれているんですね。ただ、一点だけ注意が必要なのは、その使用量。その化粧品に記載されている用法・容量をしっかり守りましょう。ハイドロキノンは強力な漂白効果があるため、その点で注意が必要ですね。

又、塗るケアだけではなく、落とすケアも大切。その方法として有効だといわれているのは、ピーリングです。ピーリングとは、古くなった角質や表皮・毛穴に詰まった老廃物などを溶かし、肌の再生を促してくれるもの。バスト専用の優しいタイプのピーリング剤も多く発売されているので、上手に付き合っていきましょう。

いずれにしても、バストトップは非常にデリケートな個所です。自己判断で、お顔用のスキンケアを使用したりするのはご法度。専用アイテムが最近ではドラッグストアや通販などで発売されていますので、口コミなどをしっかり吟味して乳首の黒ずみケアをしていきましょう。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー