レーザーは斑(まだら)になるケースも

乳首の黒ずみを改善する方法には数多くあります。そのうちの一つに「レーザー」による治療があります。美容皮膚科やクリニックでのレーザーによって、乳首の黒ずみを薄くする治療を「レーザートーニング」といいます。この黒ずみの原因は、主に、メラニンの生成、ターンオーバーの乱れ、ホルモンバランスの乱れなどですが、レーザーを直接乳首に照射することによってメラニンを除去し、黒ずんだ乳首をだんだんと本来の肌の色へと近づけピンク乳首へと変えるという治療です。

乳首のレーザー治療の失敗例

乳首へのレーザートーニングは、医師による治療で、敷居が高い分、効果が十分得られるような印象を受けます。でも実際は、その期待を裏切るような失敗例も数多く存在するようです。

効果が出ないケース

まず「効果がなかった」という事例です。一般の皮膚へのレーザー治療と違い、乳首へのレーザートーニングは、デリケートな部位故出力を弱く設定するため、十分に黒ずみが取れず効果が現れにくいということがいえます。また低出力のため照射の回数が多く、身体の皮膚は顔に比べて代謝が悪いため、レーザーを使っても顔のシミを消すより時間がかかります。そのため1回の治療では終わらず数回の照射治療が必要で「治療期間が長くかかる」こともデメリットです。

治療費が高額

さらに治療代の相場は様々ですが、治療回数分の費用が発生します。保険対象外の治療のため「治療費用が高額」ということもいえます。これらは、治療前にご自身で納得した段階で治療に入りますので問題ないと思われます。

レーザー治療の斑(まだら)

でも一番問題なのは、治療後の乳首の状態が悪くなってしまうことです。デリケートな乳首や乳輪へのレーザー治療には「火傷のリスク」があることも忘れてはなりません。中でも乳首のレーザートーニングで失敗したという口コミの中で一番多いのは、レーザー後、「斑(まだら)」になってしまうことだそうです。

斑(まだら)になる理由

レーザーは凹凸のある部位に照射すると、強くあたる所と弱くあたる所があります。また、これまでのレーザー治療では中心の出力が最も強く、外周部になるにつれて弱くなっていることでも照射にムラができてしまします。そのため仕上りでは、色の濃淡が斑(まだら)になってしまうという例が多いようです。

炎症を起こすケースも

また、仕上りの斑(まだら)だけでなく、一番出力の高い照射部位の中心部分は、ダメージが強くなって炎症を引き起こし、外周部は効果があまり期待できないというデメリットもあります。また炎症によるトラブルやそれを機にかぶれや黒ずみといったリスクがあることも忘れてはなりません。

その他の失敗例

その他の失敗例として、レーザートーニングは低出力の照射ですが、肌にとっては刺激になります。照射した部分が赤みを帯びたり、痛み、かゆみを感じる場合は、医師に相談して、治療方法見直していただきましょう。また、レーザートーニングは、照射すると照射した部分の水分が失われるので、肌が乾燥した状態になることがあります。また、乾燥からの痒み、にきび、吹き出物、そしてかきむしることによって炎症にもつながりかねませんので、乾燥後の保湿は十分いたしましょう。

場合によっては黒ずみが濃くなる事も

さらに照射された刺激で色素を生み出すメラノサイトが活性化し、黒ずみが濃くなるといったことが稀にあるようです。このような失敗を防ぐためには、治療前には、医師に状態をしっかり診断してもらい、副作用、治療回数、経過など充分に理解してから治療に臨みましょう。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー