セルフチェック9

女性の身体のお悩みベスト10にランクインしているだろうコンプレックスが乳首の色です。自分の乳首の色は黒いのではないか、他人と比べることもできないので、悶々と悩んでしまいがちです。その乳首の色の濃さはどのように決まるのでしょうか。「乳首の生まれ持った色」は人によって違います。 髪の毛や瞳の色が遺伝であるように、白人、黒人、黄色人種で肌の色が異なるように、肌の一部である乳首の色も遺伝的要素と関係しています。

遺伝とメラニン色素の関係

遺伝的要素が多いこれらの色の違いは、個人がもつ『メラニン色素』の量によって決まります。例えば、髪の毛の黒や茶色は、毛根のメラノサイトという細胞にチロシナーゼという酵素が働きメラニン色素を作り出すことで色をつけているのですが、メラニンの種類と量によって、髪の色が黒や茶色になったり、また赤毛っぽくなったりします。瞳の色も、目の中の『メラニン色素』の量により決まります。

日本人に多い茶色はメラニン色素を多く含んでいますが、メラニンの量が極端に少ないと青色の瞳になるなど、瞳もメラニン量によって決まります。メラニン色素は有害な紫外線を吸収したりして、体を守る働きをします。生まれ育っている場所の日照条件などによって、メラニン色素の量が変化して肌、髪、肌の一部である乳首など様々な色の違いを生みます。

さらにメラニン色素の濃さもまた遺伝しますので生まれた時からのそれらの色の違いがあります。乳首の色でいえば、ピンク色の人もいれば、うす茶、茶色、黒い色の人と様々ですが、子どもの頃から現在まで色に変化がない場合は遺伝的な要素が関係しているといえます。

「乳首=ピンク色」は、男性だけでなく女性からしても憧れです。自分が黒い乳首だったら…、きっとコンプレックスを感じると思いますが、生まれもった自分の色を受け入れることも大切だと思います。

後天的な要因での乳首の黒ずみ

遺伝的な乳首の色に対して、幼いころ~思春期は乳首はピンク色だったのにどんどん黒ずんできたという方は、後天的な要素が強いといえます。徐々に乳首が黒ずんできたという後天的な要因は様々あります。

摩擦による乳首の黒ずみ

一つには摩擦による刺激が考えられます。肌触りの悪い下着をつけ続けたり入浴時ゴシゴシ洗うなどの刺激によって起こる摩擦は、黒ずみの原因となります。刺激から肌を守る為にメラニン色素が増加し、乳首の黒ずみを増長させてしまうからです。

ホルモンバランスの乱れによる乳首の黒ずみ

またホルモンバランスの乱れも黒ずみに関係しています。睡眠不足や不規則などの生活習慣、ダイエットなど乱れた食生活を続けることはホルモンバランスが乱れる原因となります。さらに妊娠・出産、授乳も後天的な黒ずみの要因です。

後天的な乳首の黒ずみ対策

後天的な黒ずみ乳首の対策として、沈着してしまったメラニン色素を元々のキレイな乳首色へ戻すためには(メラニン色素を減らすために)以下の二点が有効です。

① 作られたメラニン色素をスムーズに体の外へ排出させる。乳首、乳輪の新陳代謝(ターンオーバー)を促す

② メラニン色素の生成そのものを抑える

新陳代謝を促すためには、体の老廃物を体外に排出しやすくするための適度な運動やリンパマッサージが良いでしょう。新陳代謝アップに繋がります。また質の良い睡眠をとる、食生活を正しくする、ストレスをためないなども肌のターンオーバーを正常に保つことに関係しますので日々心掛けたいものです。

さらに、平行してメラニン生成を抑える成分を含む黒ずみ改善のクリーム等で毎日ケアしてあげるとよいでしょう。生活習慣を正したりささやかなケアを行うことで乳首の黒ずみは改善しますので日々意識して実践することが大切です。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー