皆さんの乳首は何色ですか?人と比べられないので、自分の乳首は黒いのではないかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。乳首の色は女性一人ひとり異なりますが、生まれてからこれまでとりたて色に変化のないタイプ、また年々段々と色が黒ずみ、色が変化してきたタイプの2つのタイプに分けられます。

乳首の黒ずみには2つのタイプがある

乳首の黒ずみには2つのタイプ

生まれからこれまで色に変化のないタイプは遺伝要素が強いといえます。遺伝的な色合いは個人がもつ『メラニン色素』の量によって決まり、人種の違いや生まれ育っている場所の日照条件などによって、メラニン色素の量が変化して様々な色の違いが生まれます。

また、年々段々と黒ずみが増してきたタイプは、摩擦などの刺激やホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や不規則な生活習慣、また妊娠、出産、授乳などの後天的な要因が関係していると考えられます。これらが原因となって起こった一時的な黒ずみが、新陳代謝がスムーズに行えずそのまま残った結果、現在の色になってしまったのです。

皆さんの現在の乳首の色は、遺伝的、後天的どちらの要素が強いでしょうか。若いころはピンク色だったのに段々と茶色、黒っぽくなったという方は、後天的な要素が関係しているといえるでしょう。

乳首の色の濃さをチェック

まずは自分の乳首の色やトーンをチェックしてみましょう。大まかに乳首の色を5色に分けてみました。

乳首の色の濃さ

  • 1、黒~こげ茶
  • 2、濃い茶色
  • 3、薄い茶色
  • 4、ピンク
  • 5、薄いピンク

日本色研配色体系(PCCS)のトーン名を例にとると(※トーンとは色の明度と彩度を組み合わせた色の概念です。純色と無彩色との混ざり具合で明るい~暗い、淡い~濃い、弱い~強いなどの幅広いトーンがあります。)

  • 1は黒、ダークグレイッシュトーン(純色に多量の黒を混色した色)
  • 2はダークトーン(純色に黒を混色した色)
  • 3はダルトーン(純色に白と黒を混色した色)
  • 4はライトトーン(純色に白を混色した色)
  • 5はペールトーン(純色に多量の白を混色した色)

といったところでしょうか。

自分の乳首の色は1~5のどちらの色タイプに属するでしょう。

1~3の色のうち、摩擦などの刺激やホルモンバランスの乱れなど後天的な要素によって色が黒ずんできた場合は、これからの心掛けやお手入れ次第で1から2の色へ、2から3の色へ、3から4の色へと、若いころの乳首色に戻すことは不可能ではありません。

乳首の黒ずみを改善するために生活習慣を見直そう

生活習慣を見直そう

まずは生活習慣を見直しましょう。食生活、睡眠を規則正しくし、ストレスを上手に解消するなど日々の習慣を見直すことが大切です。また毎日着用する下着のずれによる摩擦やゴシゴシ洗う行為も乳首への負担となり黒ずむ原因ですので留意しましょう。さらにホルモンバランスも関係します。生理前や妊娠、出産、授乳期は、一時的に黒ずみが強まる時期でもありますが時期が過ぎればおさまることもあります。但し新陳代謝がスムーズでないと、黒ずみがそのまま残ってしまうこともあります。

黒ずんだ乳首をピンクにする方法

黒ずんだ乳首をピンクにする方法

一時的に黒ずんだ乳首でも、新陳代謝をキチンと促すサイクルを作ることで改善が期待できます。新陳代謝を促す効果のある成分を含む化粧品や、黒ずみ自体を薄くする効果のあるビタミンCやアルブチンなどを配合した化粧品などが市販でも手軽に購入できますので試してみるのもよいでしょう。化粧品は薬ではないので、劇的な色の変化を求めるのは難しいことです。毎日地道にケアすることで、1~5で示した色の黒ずみが、徐々に段階をふんで和らいでいくといったイメージをもち、気長にケアを行っていくのがよいでしょう。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー

実際に使ってレビューをした記事は下記のリンクに掲載してます!
ホワイトラグジュアリーの効果を徹底検証