chikubihiyakedome

女性の気になるお悩みといえば、ダイエットや美容に関する事柄が多く挙げられますよね。ですが実は、多くの女性が隠れて悩んでいるとされているのが乳首の黒ずみについてだといわれているようです。ただ、場所が場所なだけに誰にも相談できずに悩んでいる女性も多いようなんですね。しかしそんな女性を救うべく、乳首の黒ずみ対策に関しては、様々な情報や、それに付随したケアアイテムが発売されています。ケアアイテムの多くは、美白アイテム。つまりは黒ずみを解消し、ピンク色の乳首を目指すようなアイテムですね。ですが、ここで乳首の黒ずみに悩む皆さんに一つ質問です。ピンク色の乳首を目指すために、一に美白、二に美白!となりすぎて、根本的な乳首の黒ずみの原因に対しての対策はしていますでしょうか?…というのも、ここでお話したいのは、乳首に日焼け止めはしっかりしているかどうか?ということなんです!

乳首に日焼け止めはしたほうがいいのか

そもそもでは、乳首に日焼け止めはしたほうがいいのでしょうか?その答えは、イエスだといわれています。というのも、乳首の黒ずみの原因はお分かりでしょうか?原因は非常に様々あるといわれています。例えば、遺伝が原因の場合もあります。他にも、下着や衣類などの外的刺激・摩擦によるものもありますし、妊娠出産・授乳といったホルモンバランスによるものもあります。こうした数ある原因の中で、実は見逃しがちだといわれているのが紫外線なんです。

紫外線は服や水着を着ていても無関係

紫外線とは言っても、服や下着で乳首は隠れているし関係ないじゃない?と思うあなたはちょっと待った!それが、全く無関係ではないんですよ。というのも紫外線は性質上、実は衣服を透過してしまいます。特に、紫外線の多い夏は当然ながら薄着ですよね。よって、大事な乳首を紫外線から保護しようと黒ずみの原因とも言えるメラニンが必然的に増えるんですよ。ちなみに、紫外線といえば見落としがちなのが「目」からの吸収です。実は、紫外線を一番吸収するのは目だといわれているんですよ。 目に紫外線が当たると、目の細胞がダメージを受けます。その情報が脳に伝わることで、メラニン色素が分泌されるのです。そうして、メラニンが色素沈着し、これがまた乳首を黒くする原因にもなるんですね。ですので、UVケアのできるコンタクトレンズを使用したり、サングラスを積極的に使用するのもまた大切なケア方法の一つですね。

乳首に日焼け止めを使う際の注意点

じゃあ、乳首にも積極的に日焼け止めを使おう!と思ったあなた。ここで、一つ注意すべきことがあります。それは乳首の美白ケア同様で、安易にお顔や身体用の日焼け止めをぬらないということです。というのも、皆さんが思っている以上に乳首はとっても皮膚が薄く敏感な場所といわれています。安易にお顔や身体用のものを使ってしまうと、お肌があれてしまう可能性もゼロではないんです。ですので、可能であれば乳首専用のケアアイテムを使用することがおすすめです。あるいは、敏感肌用のものやオーガニック由来のものを使用してみることがおすすめ。いずれにしても、他の皮膚の部分でパッチテストを行ったり、少量ずつ使用してみるなど工夫をしてケアをしていきましょう。ちなみに、私は赤ちゃん用の日焼け止めを乳首に使用しています。デリケートな赤ちゃんも安心して使えるアイテムですので、おすすめですよ♪

これまでいくら乳首の黒ずみケアを行っても、全く改善されないと嘆いていた女性が、日焼け止めを使用すると少しづつ緩和されてきた!なんて声もネット上の口コミなどで、ちらほら出ています。美白のケアも大切ですが、まずは根本からの予防が大切!ぜひ一度乳首に日焼け止め、試してみてくださいね♪

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー

実際に使ってレビューをした記事は下記のリンクに掲載してます!
ホワイトラグジュアリーの効果を徹底検証