乳首が黒ずんでいる人と黒ずんでいない人の違いは、様々な要因が組み合わさっており複雑です。体質や生活習慣によっても変わってきます。 体質とは、生まれつき肌の色が白い人、黒い人と個人差があるように、乳首の色も体質による差があります。この差は生まれながらに持つメラニン色素の量によって異なります。メラニン色素の量が多ければ、生まれつき肌も乳首も黒い傾向にあります。 このような体質以外は、生活習慣や出産を機に黒ずんできてしまうということが考えられます。

乳首の黒ずみの原因

そもそも乳首が黒ずむのは、メラニン色素が色素沈着を起こすためですが、バストトップである乳首は柔らかな先端部分を守るために色素沈着しやすくなっています。 メラニン色素は、紫外線や外的刺激から真皮を守るために体内で生成されますが、過剰に生成されると、黒ずみにつながります。 メラニン色素が過剰に生成されてしまう、生活習慣による黒ずみの原因としては 着用する下着や体を洗うときなどの摩擦、加齢・ストレスによるターンオーバーの周期低下、女性ホルモンの変化、紫外線などです。

摩擦による刺激

まず、摩擦による刺激で気をつけるべきことは、バストトップと一日中密着しているブラジャーです。ブラジャーにはバストの保護やバストアップの機能などがありますが、摩擦での刺激で乳首が黒ずんでしまうことがあります。サイズがきつい、逆に緩めで合わないブラジャーを毎日身に着けていると、下着とバストトップがスレてそれが刺激となります。 激しいスポーツ、ランニングなどの時は要注意です。 さらに、下着はポリエステルを使用している商品が多いのですが、肌にはあまり良い生地でありません。肌に擦れやすく黒ずみの原因となりやすいため、肌に優しい綿100%やシルク生地のものを選ぶと肌への負担が軽減できます。

新陳代謝(ターンオーバー)の遅れ

また、新陳代謝(ターンオーバー)の遅れも黒ずむ原因です。 皮膚には、ターンオーバーという肌の生まれ変わりのサイクルがあり古い細胞は徐々に押し上げられて、最終的にはアカとなって自然にはがれ落ちます。メラニン色素がつくられたとしても、ターンオーバーが正常なら黒い色素が「沈着」する事はありませんが、加齢やストレスによりターンオーバーが遅れると古い角質細胞と一緒にメラニン色素が残って、乳首は黒ずんできてしまいます。

妊娠・出産のホルモンバランスの変化

さらに、妊娠・出産を機に黒ずみが増すことも多いのですが、これはホルモンバランスの変化によるものです。個人差はありますが、妊娠周期を重ねると乳首や乳輪が黒ずんで茶色っぽい色に変化していきます。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の女性ホルモンが妊娠期は分泌が急激に増加するためです。これらホルモンはメラニン色素の色素細胞を刺激するので、分泌が増加することで肌のメラニン色素が増え、色素沈着が起こりやすくなるのです。 さらに授乳期も、赤ちゃんの授乳に備えるために黒ずんでくるとも考えられています。

紫外線の影響

最後に紫外線の影響について、衣服を着用しているため紫外線を直接受けないため乳首には影響がないと思われがちですが、目に紫外線を受けることで細胞はダメージを受けます。紫外線を受けるとその情報が脳に伝わり、メラニン色素を作って肌を守ろうとします。このことからも紫外線も黒ずみに影響があると考えられます。 乳首の黒ずみのある人、ない人の違いは、これら日常生活での黒ずむ原因を知っているかいないかによります。毎日の生活でも黒ずみを防ぐことができますので日々気をつけて過ごしたいですね。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー

実際に使ってレビューをした記事は下記のリンクに掲載してます!
ホワイトラグジュアリーの効果を徹底検証