かつては「ガングロ」なんていう言葉もありましたが、最近ではめっきり聞かなくなりましたね。時代とともに、近年ではもっぱら「美白」が主流。白く透き通った肌に憧れるのは、女性は勿論、男性も又透明感のある女性が好みなことが多いようですよ。

この影響は、お顔や腕や脚などだけではありません。というのも、最近実はひっそりと悩んでいる女性が多いといわれているのは、乳首の色。美白ブームに相まって、乳首もピンクの透明感のある色になりたいと強いあこがれを抱く女性が多くなってきているようです。

そしてこれも又、女性だけではなく、男性も同様。乳首が黒い女性は男性経験が豊富、という偏見が少なからずあり、乳首が黒いことで自信が持てなかったり、悩んだりする方がいるんです。ですが、実は乳首の色と経験人数には何の関係もないんですよ。ではなぜ、乳首が黒ずんでしまうのでしょうか?これにはいろんな理由があります。生まれつき黒かったり、年齢とともにに黒くなったりするんですね。

乳首の色はメラニン色素の量で決まる

ではこれらの理由について、もう少し掘り下げてご紹介していきます。まずは冒頭でも軽くご紹介した、生まれつきのタイプ。お肌に関しても同様ですよね。いわゆる地黒、つまり生まれつき皮膚が黒い子もいれば白い子もいますよね。乳首も同じなんです。生まれつきピンク色の子もいれば、黒っぽい子もいます。つまり、乳首の色もお肌と同じで、生まれながらのメラニン色素の量によって決まっている場合があるんですよ。

紫外線で乳首が黒ずむ理由

続いての理由は、紫外線によるもの。乳首なんて太陽に当たることないじゃん!と思うのは大間違い!服を着て隠れていたとしても、紫外線の影響を受けるんですよ。又、目からの紫外線の影響も乳首は受けてしまうんですよ。というのも、目に紫外線が当たると、細胞がダメージを受けます。そのダメージ情報が脳に伝わると、肌を守るために脳が「メラニン色素を作れ」という指示を出すんですね。

下着の擦れで乳首の黒ずむ

他には、摩擦も乳首を黒くする理由の一つ。ブラジャーなどの下着が乳首と摩擦を起こすことによって、その摩擦から身を守ろうとするためにメラニン色素を過剰に出来てしまいます。肌に極力優しい素材でできた下着や、自分にしっかり会う下着を身につけるのは、バストアップのためだけではないんですよ。

ホルモンバランスの影響で乳首が黒ずむ

まだまだ乳首の黒ずみ理由は、沢山あります。妊娠、出産、授乳もその一つ。ホルモンバランスの影響もあり、授乳期間が終われば元の色に戻るとも言われていますが、中には戻りにくい人もいるそう。赤ちゃんの吸いつきに対して肌を守るために、メラニン色素を乳首に集めるといった理由や、生まれたての赤ちゃんは色などの識別がうまくできない為、そんな赤ちゃんに乳首の位置がわかりやすいように黒くなるという説もあるんだとか。女性ならではの理由ですね。

ターンオーバーの乱れで乳首が黒ずむ

最後に、加齢です。年齢を重ねると、お肌のターンオーバーのリズムが乱れがちになってしまいます。このターンオーバーの乱れによって、過剰にできたメラニン色素や古い角質がうまく排出できない為、黒ずんでしまうという理由もあるんですよ。

乳首をピンクにするには

ここまでご紹介してきましたが、いずれにしてもキーポイントは、いかにメラニン色素をうまく体外に排出できるかどうかです。様々な理由が考えられますので、下着を見直したり、サングラスをして目からの紫外線を防ぐと言ったことも大切。

そして、お肌のターンオーバー。老廃物がしっかり排出できるよう、週に一度などスクラブをしてみるのも効果的。このときの注意点は、乳首は敏感な部分だということ。専用のバストケア商品を使うのがおすすめですよ。

そしてしっかり「落とす」ケアを行ったら、「潤す」ケアも忘れずに。どれも基本的なことではありますが、基本のケアをしっかり行うことが、きれいなピンク色の乳首を作り出すには大切なことです。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー

実際に使ってレビューをした記事は下記のリンクに掲載してます!
ホワイトラグジュアリーの効果を徹底検証