ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」ともよばれており、メラニン色素の再生を抑えることで美白効果があります。その効果は美白成分といわれるアルブチンやコウジ酸と比べると約10~100倍といわれており、作用の非常に強い成分であるといえます。

これまでハイドロキノンは医師の処方のもとでしか扱えませんでしたが、日本では2001年の薬事法の規制緩和により、化粧品の成分として医師やメーカー責任のもと使用出来るようになりました。そのためハイドロキノンを配合した製品はインターネットでも手軽に購入できるようになりました。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンには、シミの原因であるメラニンを生成する酵素チロジナーゼの働きを阻害し、メラニン色素を生成するメラノサイト(色素細胞) そのものに働きかけ減少させる効果があります。メラニンは紫外線などの刺激によって黒く濃くなる性質を持ちますが、ハイドロキノンの漂白作用により、できてしまったシミや色素沈着を薄くし、これから出来るシミや黒ずみも予防します。

ハイドロキノンは乳首にも使えるのか

ハイドロキノンの美白効果は、乳首の黒ずみにも有効とされています。多くの皮膚科での処方治療は、ハイドロキノンの浸透性をより高めるためトレチノインと一緒に処方されます。トレチノインは皮膚細胞のターンオーバーを早め、ハイドロキノンはメラニンの生成を抑えるため併用するとより効果的なのです。

但し、独自の判断での使用は危険を伴いますので、必ず医師の処方のもと使用するか、しっかりとした知識のもとでの使用が大切です。なぜならハイドロキノンは、熱や光、酸素に弱い性質で安定性が悪く劣化による肌トラブルなどが多々みられるためです。薄茶~茶褐色になったものは酸化している可能性が高いため使用は控えましょう。また、ハイドロキノン自体が肌に合わない方も多くみられます。副作用も強く、人によっては炎症やただれ、時には白斑になってしまう事さえあります。

ハイドロキノンをデリケートゾーンに使うには注意が必要

予防としてまずはパッチテストを行いアレルギー反応がでないことを確認し使用を開始します。ただ時節柄や体調のコンディションにより反応する場合もあり、また特定の部位にのみに反応する場合もあります。さらに妊娠時の使用についての安全データも不十分なため、皮膚科では妊娠時には処方しません。

乳首のようなデリケートゾーンに使う場合はなおさら肌荒れを引き起こすリスクが高まります。副作用の症状としては、赤み、痛み、乳頭のカサカサとした乾燥や、腫れ、荒れに伴う膿などです。このような症状になったら、すぐに使用をやめ、冷水で洗い流します。状態によっては早めに医師に相談しましょう。

使い方を間違えるとアレルギー体質にも

また痛み痒みといった体感がないため肌に合わないことに気が付かずに継続して使用してしまうと、肌が敏感になってしまいアレルギー体質になったり、黒ずみが加速したり症状が悪化してしまうことがあります。乳首などデリケートな部位の使用には特に注意が必要です。

ハイドロキノンの濃度にも注目

なおハイドロキノンを配合した製品は様々ありますが、その濃度(配合比率)により効果が異なります。濃度が高ければ高いほど美白の効果もより高くなりますが、その反面、かぶれや赤みが出るリスクも高まります。濃度を謳っていない製品は、1%以下のものもあり効果に対して疑問のある製品も見受けられます。

いずれにしても乳首にハイドロキノンを使用するにはリスクが伴います。しっかりとした知識のもとでの使用が必要な成分です。まずは市販の製品でも美白効果の穏やかな成分であるビタミンCやアルブチンなどを配合した製品からトライしてみるとよいでしょう。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法

ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!

ホワイトラグジュアリー

実際に使ってレビューをした記事は下記のリンクに掲載してます!
ホワイトラグジュアリーの効果を徹底検証