【完全版】乳首の黒ずみを治す方法を徹底検証

このページの目次

乳首が黒くなる原因

chikubikuroigenin
人それぞれで顔つきや体型、性格が異なるように乳首の色も人によって違ってきます。冷静に考えれば当たり前のことなのですが、女性にとって乳首の色というのは非常に気になるポイントでもあります。というのも、世間一般で抱かれる乳首の色のイメージというものがあるからです。特に、男性は女性の乳首の色に幻想を抱いているような部分もあります。女性にとっては、こういったイメージや期待というのはプレッシャーになるものです。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法はこれ!

乳首をピンクにするまでに掛かる期間とは?

乳首が黒くなる理由を知っておこう!

chikubikurozumiriyu
乳首が黒くなる理由にはいろいろなものがあります。単に摩擦や触りすぎによる刺激で黒くなってしまうということもありますし、年齢を重ねていくと高齢化によって乳首が黒くなることもあります。出産をきっかけに乳首が黒くなるという話も多いですし、生まれつきの色であることもあります。紫外線で黒くなってしまうケースや生活習慣の乱れから乳首が黒くなるケースもあるのです。乳首が黒くなるのにもいろいろな理由がありますので、まずは何が理由で乳首が黒くなってしまったのかということを把握することです。理由を把握することによって、そこからの対策も考えていくことができるのです。乳首の黒さの理由を把握し、それを改善するための対策をおこなっていくだけでも気持ちが前向きになるものです。また、対策をしているということが自分の自信にもつながってきますので、乳首の黒さで悩んでいる方は是非原因を知り、そこから具体的に対策を立てていきましょう。世間一般の勝手なイメージや男性の幻想、噂に振り回されるのではなく、自分にできることをひとつひとつ始めていきましょう。そうしていけば、いつの間にか乳首の色も気にならなくなっているかもしれません。

摩擦や触りすぎによる刺激によるもの

日常生活の中で乳首が擦れているのを感じる方も多いのではないでしょうか。また、自分の乳首をついつい触ってしまうという方も多いでしょう。摩擦や触りすぎてしまう行為というのは、乳首にとって大きな刺激となってしまうものです。この摩擦や触りすぎによる刺激によって、乳首が黒くなってしまうということもあるのです。

女性の乳首は刺激を受けやすい

女性の乳首というのは、もともと刺激を受けやすいものです。というのも、人によって胸の大きさというのは異なってきますが男性と比べると女性は胸が出ているものです。出ている部分というのは、やはり服なども擦れやすくなります。それでなくとも擦れやすい胸の先端についているのが乳首になりますので、乳首にかかる負担というのは相当なものになります。つまり、何気ない生活の中でも乳首というのは刺激を受けていますし、それによって負担がかかっているのです。ノーブラでTシャツなどを着てみると乳首にどれだけの刺激があるかというのが体感できるでしょう。仮にブラジャーをしていても、ブラジャーの中で胸が動きますのでブラジャーと乳首が擦れることになるのです。

自分で触ってしまう女性も多い

乳首をついつい触ってしまうという女性も多いものです。何となく触ってしまうという女性もいれば、乳首がかゆくて掻いてしまうという女性もいるのではないでしょうか。特に、女性の場合には生理があります。生理前になると胸が張るような感じや乳首のかゆみを感じる方が多いのです。こういったときに胸の違和感から乳首を触ってしまう、乳首がかゆいから掻いてしまうというケースは珍しくありません。普段は触らないようにしているものの、寝ている間に無意識に触ってしまったり掻いてしまったりする方も多いようです。こういったものも当然、乳首への刺激になってしまいます。

なぜ刺激で乳首が黒くなる?

では、こういった刺激でなぜ乳首が黒くなってしまうのでしょうか。刺激を受けると、刺激から乳首を守るために乳首のメラニン色素が働くようになります。刺激が強いとそれだけメラニン色素が多く作られてしまい、それが乳首に残ってしまいます。これが乳首を黒くしてしまうのです。さすがに1回で真っ黒にということはないでしょうが、こういったことが積み重なっていくことによって乳首の色が徐々に黒くなっていくのです。もともとは乳首の防御反応なのです。

乳首の黒ずみケア中に摩擦を避ける方法

高齢化によるもの


個人差もあるでしょうが、年を重ねるにつれて乳首が黒くなってきたという方も多いのではないでしょうか。実際に、年を取ってから乳首が黒くなるようになったというケースは多いものです。仕方ないと諦める方もいるかもしれませんが、「美魔女」や「アンチエイジング」といったものが頻繁に取り上げられる時代だからこそ年齢のせいにしてしまうのはいや!という方もいるのではないでしょうか。

高齢化で乳首が黒くなる理由

年を取るとなんとなく乳首は黒くなるものと思っている方も多いでしょうが、その理由まで知っているという方はどれくらいいるのでしょうか。ここでは、高齢化で乳首が黒くなる理由についてお話していきましょう。ズバリ言ってしまうと、新陳代謝の悪さです。というのも、高齢化していくことによってやはり新陳代謝の働きが悪くなってしまうのです。基本的に人間の皮膚では、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わるターンオーバーというものが起こっています。しかしながら、高齢化によって新陳代謝が悪くなるとこのターンオーバーが正常におこなわれなくなるのです。そうなってくると、古い細胞がいつまでも残ってしまうことになります。ターンオーバーで排出されていくべき角質やメラニンが残されていくため、それが乳首を黒くしていくのです。

逆に高齢化で乳首がピンクになることも・・・

先では高齢化による新陳代謝の悪化によってターンオーバーが正常におこなわれなくなり、そこから乳首が黒くなってしまうという話をしました。しかしながら、年を重ねることによって実はメラニン色素の分泌量自体は減っていくことになります。つまり、皮膚のターンオーバーが正常におこなわれるようになれば、高齢化によって乳首がピンクになることもあるのです。女性の方で温泉などによく行かれる方であれば、高齢者で綺麗なピンク色の乳首をしている方を見かけたこともあるのではないでしょうか。高齢者で綺麗なピンク色の乳首をしている方といのは、それだけターンオーバーが正常におこなわれているということなのです。つまり、高齢になっても新陳代謝が活発におこなわれているような健康的な体であることによってピンク色の乳首を手に入れられる可能性も出てくるということなのです。このように考えていくと、年を取っていくということもなかなかよいことなのではないでしょうか。年齢とともに乳首の色の変化が楽しみになってくるかもしれません。

出産によるもの

chikubikurozumisyussan
最近では晩婚化というものも進んでおりますので、いつ経験するのかは個人差があるものの、結婚や出産を経験する女性も多いことでしょう。特に、出産というのは女性にしかできない一世一代の大仕事になります。準備も大変ですし、出産前後での体の変化についていくのに一苦労・・・という方も多いかと思います。その中で乳首の色の変化に驚く方も多いのではないでしょうか。実際に、出産によって乳首が黒くなってしまう女性は非常に多いものなのです。

なぜ出産で乳首が黒くなるのか・・・

出産を経験したことのある女性であれば、出産で乳首が黒くなるという話を聞いて「あるある!」と共感できるでしょう。しかしながら、その理由まではわかっていないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、出産で乳首が黒くなる理由についてお話していきましょう。出産というのは女性にとって非常に大きな負担のかかるものになります。それゆえに、ホルモンバランスが崩れてしまい、メラニン色素が一時的に増えて、色素沈着が起こり、乳首が黒くなってしまうのです。ホルモンバランスの崩れというのはいたるところで痛感することになるかと思います。体毛が濃くなるといった変化もホルモンバランスの崩れによるものです。また、出産した後というのは赤ちゃんに授乳をしなければいけません。赤ちゃんは母乳を飲むために、乳首を吸引します。赤ちゃんの吸引力というのは結構すごいもので、乳首にとってもなかなかの刺激となります。赤ちゃんの吸引に負けないようにということで、一種の防衛反応のような形でメラニン色素が集まり、乳首が黒くなるという部分もあります。

時間が経って戻る方も

出産によって乳首が黒くなってしまうという女性は非常に多いものです。ただ、時間が経つことによって乳首の色が元に戻るという女性の少なくありません。しばらく経つと、もともとの乳首の色に戻っているものです。しかしながら、当然、出産をきっかけに乳首が黒くなったまま戻らないという方もいます。気にならないのであれば出産を経験した一種の勲章のようなものですのでそのままにしておいてもいいでしょう。ただ、気になるのであれば乳首のケアをしていくことになります。出産後というのは子育てでもかなり忙しい時期になるかと思いますが、簡単なケアを毎日続けていくことによって乳首の色もより綺麗なピンク色に近づいていくのではないでしょうか。

産後に乳首の色が戻らない理由とは?

生まれつきによるもの

chikubikurozumiumaretuki
人にはそれぞれ個性があります。顔も違えば、性格や体型も異なります。それと同じように皮膚の色も違うものです。皮膚の色というのは生まれつきによるものですので、どうしようもない部分になります。子どもの頃はそういったことがわからないままに肌の色で相手をからかっていたという方も多いのではないでしょうか。しかしながら、ある程度の年齢になると「肌の色を含め、人はそれぞれ違うものだ」ということを理解していきます。この皮膚や肌の色の違いというのは、乳首の色にも同じことが言えるのです。

なぜ生まれつきで乳首の色が違うのか

生まれつきの皮膚や肌の色と同じように、人それぞれで乳首の色も違ってきます。しかしながら、なぜ乳首の色が違ってくるのでしょうか。生まれつき最初から乳首の色が黒い方もいれば、生まれつき綺麗なピンク色の乳首をしている方もいるものです。これは、メラニン色素の量の違いというものが関係してきます。乳首の色に限ったことではないのですが、髪の毛や肌の色というのもメラニン色素の量の違いによるものです。メラニン色素というのは、外部からの刺激から守るためのものになります。乳首が黒い方というのは、それだけメラニン色素の量が多いということになりますので、外からの刺激に強く、より肌をよい状態でキープすることができると言えるでしょう。乳首が黒いということをコンプレックスに感じる方は非常に多いのですが、肌にとっては非常によいことでもあるのです。

旅行などで気づくケースが多い

女性の場合、乳首を含めて性的な部分というのは同性同士ではなかなか話せないという方も多いのではないでしょうか。なんとなくそういった話題がタブーになっているような空気があるものです。そのため、仮に乳首の色で悩んでいても女性同士で話すということはあまりないでしょう。話すよりも先に、実際に他の人の乳首の色を目で確認して、乳首の色の違いというものに気づくケースが多いものです。修学旅行や友人同士での温泉旅行などで相手の乳首の色に驚いたという方も多いのではないでしょうか。中には本当に綺麗なピンク色をしている方もいますので、乳首の色で悩んでいる方は「うらやましいな・・・」と思いながら見ていたことでしょう。うらやむことも、乳首の色の改善のために努力することも悪いことではありません。ただ、乳首の色も個性であるということを忘れないようにしたいものです。

紫外線によるもの

chikubikurozumishigaisen
女性であれば、スキンケアに力を入れている方も多いことでしょう。アンチエイジングや美白などいろいろなスキンケアがありますが、その中でも紫外線対策に力を入れているという方も多いのではないでしょうか。ある程度の太陽光にあたることは健康上にもよいとされているのですが、女性は紫外線による日焼けが気になってしまうものです。特に、女性であれば日焼けのない綺麗な白い肌に憧れるものです。そういった女性にとって、紫外線というのはまさに大敵です。実は、この紫外線が乳首の黒さにも関係してくるのです。

なぜ紫外線で乳首が黒くなるのか

紫外線を浴びることによって、日焼けして肌が黒くなってしまうというのは当たり前のことです。しかしながら、紫外線を浴びることによって同じように乳首も黒くなってしまうことを当たり前に思っている方は少ないのではないでしょうか。肌が日焼けをしてしまうように、乳首も紫外線を浴びることによって黒くなってしまうものなのです。ただ、中には「乳首に直接紫外線を当てるようなことはしていない!」という女性も多いのではないでしょうか。実際に、そういった機会というのはほとんどないでしょう。しかしながら、服を着ている部分が日焼けをしていたという経験のある方も多いのではないでしょうか。同じように服で隠されていたとしても、乳首も紫外線によって黒くなってしまうのです。人間の体というのは本当に敏感なもので、目が紫外線を感じると体が反応して、メラニン色素を分泌するのです。要は、服で隠していようが紫外線で日焼けをしてしまいますし、乳首も黒くなってしまうということなのです。

乳首のためにも紫外線対策を

生まれつきでもない、出産も経験していない・・・他にもいろいろと考えてみたものの、乳首が黒くなる原因に心当たりがないという場合には、紫外線による影響かもしれません。乳首のためだけではなく、肌全体のためということで日ごろから紫外線対策を積極的におこなっていきたいものです。先でもお話しましたように目が紫外線を感じることによって体がメラニン色素を分泌しますので、日差しの強い日にはサングラスなどを利用することも考えておきましょう。生活をしていく上で紫外線を100パーセントカットするというのは難しいですし、現実的に考えて無理でしょう。だからこそ、できる限りその紫外線で体が反応しないように努力をしていくべきなのです。

生活習慣の乱れ

chikubikurozumiseikatusyukan
生活習慣の乱れを感じている方というのは、非常に多いのではないでしょうか。社会人になってから生活が不規則になって・・・という方もいるでしょうが、最近では学生さんでも生活習慣の乱れを感じている方が多いようです。特に、大学生になると自由になる時間も多くなりますし、それによって自堕落な生活を送ってしまうというケースは珍しくありません。今の時代、その肩書きに関係なく、非常に多くの方が生活習慣の乱れを感じながら生きているということなのです。実は、この生活習慣の乱れも乳首の色に関係してくるのです。

なぜ生活習慣の乱れで乳首が黒くなるのか

では、なぜ生活習慣の乱れが乳首の色に関係してくるのでしょうか。生活習慣の乱れというと、大まかに健康によくないということで理解している方も多いでしょうが、まさか乳首の色に関係してくるとまでは思ってないでしょう。生活習慣の乱れというと、偏った食事や睡眠不足、毎日のストレスといったものが関係してくるのですが、これによって女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのです。女性ホルモンのバランスというのは女性の体にさまざまな影響を及ぼすもので、そういった影響の中で乳首が黒くなってしまうこともあるのです。女性ホルモンは大きくふたつのものに分けることができます。ひとつはエストロゲン、もうひとつはプロゲステロンなのですが、後者のプロゲステロンにはメラニン色素を多く分泌するという働きがあるのです。生活習慣が乱れてしまうとこのプロゲステロンが活発に働くようになり、そこから乳首が黒くなってしまうのです。プロゲステロンが活発にならないように、規則正しい生活をしていくことが大切なのです。

ホルモンバランスを改善して乳首の黒ずみを撃退しよう

乳首のケアのためにも生活習慣の改善を

生活習慣の乱れというのは、デメリットしかありません。乱れたままにしておいていいことはひとつもないのです。栄養バランスの取れた食事をすること、十分な睡眠時間を確保すること、ストレスはなるべく発散させていくことなどを心がけていくことによって、生活習慣の改善をしていくことができます。乳首の色の改善はもちろん、健康的な毎日を過ごすことができるでしょう。ただ、いきなりの改善というのは難しいでしょうからまずは規則的な生活を送ることを意識してみましょう。決まった時間に食事をして、決まった時間に睡眠を取る・・・これだけでも生活は大きく変わってくるものです。できることから少しずつ生活に変化を加えていきましょう。

乳首をピンク色にする方法

食事から改善する

syokujikarakaizen
乳首をピンク色にしたいという女性は多いでしょう。いろいろな方法があるのですが、まずは食事から改善する方法を選択してみてはいかがでしょうか。人間にとって食事というのは非常に重要なものです。食事なしでは生きていくことができませんし、人間の体というのは食事から構成されていくのです。そう考えていくと、食事内容を見直して食事からピンク色の乳首を目指すというのも納得できます。体の内側からより自然な形でピンク色の乳首を目指していくことができますので、そういった点でも安心できるのではないでしょうか。

積極的に摂取していきたいもの

乳首をピンク色にするためにも是非積極的に摂取していきたいものをご紹介していきましょう。ピンク色の乳首を目指していく上で重要になってくるのがビタミンC、ビタミンE、βカロテンです。一般的にお肌によいとされている栄養素になります。基本的には色の鮮やかな野菜を多く摂取していくことになるかと思いますが、それぞれの栄養素を多く含む代表的な食材についてもお話しておきましょう。ビタミンCは、赤ピーマンやレモン、ゆずなどに多く含まれています。ビタミンEはすじこやいわし、たらこ、お高いものではアンコウの肝などに含まれています。βカロテンは、にんじんやかぼちゃ、モロヘイヤなどに多く含まれています。こういった食材を毎日の食事の中に取り入れていくのはもちろんなのですが、場合によってはアレルギーの関係で食べられないものもあるかもしれません。そういった場合には、サプリメントなどを利用してみるのもひとつの方法です。

逆に摂取を控えたいもの

乳首をピンク色にしていくために積極的に摂取していきたいものについてお話しましたが、逆に摂取を控えておきたいものもあります。まずは、動物性脂肪をはじめ、脂肪分を多く含むものです。いわゆるコッテリ系の食事は控えたほうがいいのです。というのも、こういった食事をしていると血行不良の原因になってしまいます。これによって乳首が黒くなってしまう可能性もあるのです。また、ソラーゲンという成分にも注意していきたいものです。紫外線に反応しやすい成分が含まれていますので、メラニン色素を大量に分泌してしまい、乳首が黒くなってしまうのです。このソラーゲンはレモンやパセリ、ライムなどに含まれていますので、ビタミン摂取のためにこういった食材を摂取しすぎると逆に悪化してしまう可能性もあるのです。

メラニン色素の合成を抑制するビタミンとは?

ヨーグルトの乳清を塗る

yo-guruto

美容と健康のためにヨーグルトを摂取しているという女性も多いのではないでしょうか。ヨーグルトといえば、やはり乳酸菌のイメージがあります。そのため、ヨーグルトは食べて体の中から綺麗にしてくれるものと考えている方も多いことでしょう。実際にそういった部分はあるのですが、体の中に取り入れていくのではなく体の外側に塗っていくことでもよい効果を得られることがわかってきました。最近では、ヨーグルトパックといったものを実践している方も少なくありません。このヨーグルトが実はピンク色の乳首を目指す上で一役かってくれるのです。

ヨーグルトの乳清で乳首をパック

ヨーグルトの乳清が体によいという話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。乳清というのは、ヨーグルトを開封したときに表面に浮いている透明の液体です。ホエイ、ホエーと呼ばれることもあります。開封したときに浮いている乳清を取り出してもいいのですが、場合によっては十分な量が浮いていないということもあるでしょう。そういった場合には、キッチンペーパーの上にヨーグルトを丸ごと出して、水切りの要領で乳清だけを取り出してみましょう。これをコットンにしみこませ、乳首にあてます。その上からラップで密閉させて、5分ほどパックをしましょう。もともとヨーグルトパックというのは美肌や美白に効果があるといわれている美容法のひとつでもあります。そのヨーグルトの乳清を使ったパックですから、かなり期待ができるのではないでしょうか。実際に、ピンク色になったという方もいますので試してみる価値はあります。

余った乳清とヨーグルトで体の内側からも綺麗に

ヨーグルトの乳清を使ったパックをご紹介しましたが、1回で使い切るというのは難しいでしょうし、乳清とヨーグルトが余ってしまうかと思います。余ったものは食事として取り込んでいくと、体の内側から綺麗になることもできます。特に、乳清やヨーグルトというのは腸内環境を整えてくれますので、肌も綺麗になりますし、お通じなどの改善にも期待できるでしょう。乳首の色というのは本当にいろいろなものに影響を受けるものですので、体の中から綺麗になることによってより乳首の色もピンク色に近づいていくのではないでしょうか。食べるのはちょっと・・・という方であれば、乳首以外の部分にもパックをしてみるといいでしょう。肌に透明感が出て、美肌になっていくはずです。

ヨーグルトに隠れた乳首の黒ずみを緩和できる成分とは!?

食べるだけじゃない!?乳首の黒ずみにヨーグルトのある成分が大活躍!

クリームを塗る

chikubikuri-mu
乳首をピンク色にするために、クリームを塗るというのもひとつの方法です。市販のクリームを乳首に塗るだけという非常に簡単な方法になりますので、すでに実践している方も多いのではないでしょうか。どのようなクリームを使うかにもよるのですが、クリームを塗るのにも注意が必要です。そのクリームにどのような成分が含まれており、どのような効果、どのようなリスクがあるのかということを十分に理解した上で利用していくべきです。

ピンク色の乳首に期待ができるハイドロキノン

ピンク色の乳首を目指してクリームを塗るということであれば、ハイドロキノンという成分が含まれているクリームを選ぶといいでしょう。ハイドロキノンというのは、美白化粧品などに含まれている成分になります。お肌のシミを消してくれる成分ということでも知られています。乳首の黒ずみにはメラニン色素が関係しているのですが、メラニン色素というのはメラノサイトという成分によって作られることになります。ハイドロキノンというのは、このメラノサイトを少なくしてくれる成分なのです。ピンク色の乳首を目指してクリームを塗るのであれば、このハイドロキノンという成分が含まれているものを選ぶことによって、より効果を実感しやすくなるのではないでしょうか。乳首以外のお肌のトラブルなどにも使えれば、まさに一石二鳥です。

ハイドロキノンは強い成分でもある

ハイドロキノンというのは非常に強い成分でもあります。そのため、効果も実感しやすいのですが場合によっては副作用が出てしまうこともあります。というのも、ハイドロキノンが含まれていると効果を実感しやすいため、「量を増やせばもっと早くに目標に到達できるかも!」ということで量を勝手に増やしてしまう方も少なくありません。しかしながら、このように決められた量から自己判断で勝手に増やしてしまうと副作用で今度は肌の一部だけが真っ白になってしまうこともあるのです。目指しているのは綺麗なピンク色であって、真っ白な乳首ではありません。決められた量は守っていきましょう。また、ハイドロキノン入りのクリームを使って乳首のメラニン色素が少なくなるということは紫外線などの刺激に弱くなるということでもあります。そのため、紫外線から乳首を守るために日焼け止めを塗る必要も出てくるのです。ハイドロキノン入りのクリームを使えば効果は実感しやすいのですが、こういったリスクがあるということを十分に理解しておきたいものです。

ハイドロキノンを乳首に使うのは危険!?

ピーリングをする

pi-ringu
顔や体のピーリングをしているという女性は多いのではないでしょうか。いろいろな美容法がありますが、その中でも定番のひとつとなっています。ピーリングというとごしごしとこすっていくイメージがあるかもしれませんが、最近ではクリームやジェルを塗った後にしばらく放置し、時間が経ったらぬるま湯で洗い流すといったタイプのピーリングも登場しています。ピーリングというのは効果的である一方で肌への負担も大きいものです。だからこそ、洗い流すタイプのピーリングも登場したのでしょう。実は、こういったピーリングもピンクの乳首を目指す方法のひとつとなります。

そもそもピーリングとは・・・

ピーリングというのは、古い角質を落とし、肌のターンオーバーを正していくことを差します。乳首の黒ずみというのは、乳首の皮膚のところでのターンオーバーがうまくおこなわれずに、メラニン色素がたまったままになってしまった状態でもあるのです。つまり、メラニン色素がたまってしまった角質を落として、ターンオーバーを正していくことによって、本来の綺麗なピンク色の乳首を目指していくということなのです。乳首というデリケートなところにピーリングをするのであれば、こするタイプではなく、洗い流すタイプのものがいいでしょう。洗い流すタイプのピーリングクリームやジェルもありますし、ピーリング効果のある石鹸などもあります。

ピーリングが逆効果になることも

ピンク色の乳首を目指していくための方法のひとつとなるピーリングではありますが、過度なピーリングになると逆効果となってしまう可能性があります。というのも、ピーリングによって本来であれば肌を刺激から守るためのものまで落としてしまうことがあるのです。また、ピーリングでこするタイプのものを乳首に使う場合には乳首というこすりにくい場所になりますので力加減が難しいということもあるでしょうし、それによって強い刺激を乳首に与えてしまう可能性もあります。刺激を与えすぎてしまった結果、逆に乳首が黒ずんでしまったという可能性もありますので、乳首のピーリングをする際には慎重におこなっていきたいものです。早くピンク色の乳首になりたいという気持ちはわかりますが、だからといってピーリングを強くしすぎたり、頻繁にしすぎたりすると逆効果となってしますのです。仮に頻繁にしたからといってすぐにピンク色になるわけではありません。そういったところをきちんと理解した上でピーリングをおこなっていきましょう。

病院へ行く

byouin
病院というと、怪我や病気をしたときに行くものというイメージがあるのではないでしょうか。実際に、病院へ行くのは怪我や病気をしたときだけという方も多いことでしょう。しかしながら、最近では怪我や病気ではなく、美容のために病院へ行くという方も増えてきているのです。美を追求するために美容形成外科に行く女性は多くなっていますし、実際にそれで美しさを手に入れて、前向きに生きている女性も少なくはありません。美容形成外科というと顔の整形のイメージがありますが、女性ならではの悩みである乳首の色の改善もしてくれるのです。

クリームかレーザー治療

美容形成外科では、乳首をピンク色にしてくれる施術も用意されています。少し前までは、レーザー治療が一般的だったのですが、最近では自宅でもケアができるクリームによる治療が一般的になりつつあります。美白効果に期待できるハイドロキノンが配合されているクリームを塗ることによって、ピンク色の乳首に近づけていくのです。美容形成外科では実際にそういった施術を受けた女性の乳首を事例として公開しているところもありますので、美容形成外科に通う場合にはホームページなどをチェックした上で判断していきましょう。乳首をピンク色にする方法にもいろいろなものがありますが、美容形成外科に通うというのは比較的即効性の期待できる方法です。「とにかくすぐにピンク色の乳首になりたい!」という女性は、美容形成外科に足を運んでみましょう。

費用が結構かかるので注意!

美容形成外科に通ってピンク色の乳首を目指す場合、費用の面では注意が必要です。というのも、美容形成外科で乳首の色の改善のための施術を受けるとなると、基本的には保険がきかないのです。つまり、全額自己負担になっていまいますので、費用が高くなってしまうのです。クリームをもらうだけならそんなにお金もかからないのでは・・・という女性もいるでしょうが、クリームをもらうタイプの施術であっても2万円から3万円は軽く飛んでいくと思っておいたほうがいいでしょう。効果が期待できる病院での施術ですが、その分、お金がかかるということを十分に理解しておきましょう。ただ、病院での施術の場合には綺麗なピンク色の乳首が比較的長期間キープできる傾向にあります。そう考えれば、多少お金がかかってもお金は無駄にならないといえるのではないでしょうか。病院にもいろいろなところがありますので、慎重に選んでいきましょう。

美容整形クリニックでの乳首の黒ずみ解消法!メリットデメリットをわかりやすく解説!

ピコレーザーで乳首をピンクにするには!?

運動する

undou
現代人は慢性的な運動不足であるという話はよく見聞きするものです。学生の頃というのは、なんだかんだで外で遊びまわる機会も多いですし、定期的に授業の中で体を動かすものです。しかしながら、社会人になると学生時代のようにはいきません。特に、女性であればデスクワークをする方も多いでしょうし、1日中座りっぱなしで動くのは通勤と退勤のときのみという方もいることでしょう。運動不足というのはやはりよろしくありません。美容の面でも健康面でも適度な運動というのは、重要なポイントになってきます。また、この運動によって乳首の色を改善できる可能性もあるのです。

運動で新陳代謝のアップと血流改善

運動をすることによって、新陳代謝がアップしていきますし、血流が改善して血液が全身に万遍なくめぐっていくことになります。乳首の黒ずみというのは、肌のターンオーバーがうまくおこなわれていないからこそ起こるものでもあります。運動することによって新陳代謝がアップして、肌のターンオーバーがしっかりとおこなわれるようになります。これによって乳首の色がもとの綺麗なピンク色に近づいていくのです。肌のターンオーバー以外にもストレスや血流の悪化などさまざまなことが乳首の色に影響を及ぼしますので、運動をすることによってそういったものをまとめて解消することができます。運動することはストレス発散にもなりますし、血流改善にもつながるのです。運動をするだけでも乳首の黒ずみの原因となるものを複数解消することができますので、基本的なことではありますが非常に期待のできる方法なのではないでしょうか。

軽い運動を毎日続けることから

ただ、普段の生活で運動をする機会がない方にとって運動するというのは非常にハードルの高いことなのではないでしょうか。しかしながら、運動といっても激しいものを毎日続ける必要はありません。軽い運動でいいので、それを毎日続けることを意識していきましょう。自宅での体操やストレッチから慣れてきたら、ウォーキングやランニングなどをしてみてもいいでしょう。外に出かけて体を動かすための時間がもったいないという方であれば、運動するための器具を購入して自宅で体を動かすようにしてみましょう。自宅で体を動かす分には、テレビを見ながら・・・といった具合に何かと同時進行でできるのではないでしょうか。乳首の色のためにも、まずは体を動かすということに慣れていくようにしましょう。

睡眠の質を高める

suimin
個人差はあるものの、人間は1日の3分の1を睡眠で使っています。要は、かなりの時間を睡眠時間に費やしているということなのですが、最近ではこの睡眠時間を活かした美容法や健康法というものもいろいろと取り上げられるようになりました。特に、健康食品や化粧品では睡眠時間を有効活用するタイプのものが多く見られるようになりました。美容と健康、両方の面で非常に重要な睡眠なのですが、実はこの睡眠も乳首の色に関係してくるのです。

夜の10時から深夜2時までには寝る

乳首の黒ずみというのは、メラニン色素が沈着してしまうことによって起こります。メラニン色素が沈着してしまうのは、肌のターンオーバーが正常におこなわれていないということです。このターンオーバーが正常におこなわれるようにするためには、新陳代謝をアップさせることです。質のよい睡眠を取ることによって、新陳代謝がアップしますので、結果的に乳首の色の改善につながってくるのです。ターンオーバーには成長ホルモンというものが大きく関係してくるのですが、この成長ホルモンというのは夜の10時から深夜2時までに寝ることによって分泌が促進されるのです。つまり、夜の10時から深夜2時までに寝ることによって成長ホルモンが分泌され、ターンオーバーが正常になり、乳首の色が改善されていくのです。

睡眠の質を高めるためにできること

夜10時から深夜2時までには寝る・・・とは言ったものの、寝つきが悪く結局寝られないという方もいるのではないでしょうか。できればこの時間帯に寝られるようにしたいものですが、難しい場合には他の方法で睡眠の質を高めていく必要があります。例えば、寝る前にお風呂に入る、寝る前にはパソコンやスマホを使わないようにする、気持ちが安らぐような音楽や香りを使うといったことが挙げられます。寝る前の食事なども控えていきたいものです。特に、注意しておきたいのがパソコンやスマホです。パソコンをさすがにベッドの中まで持ち込むということはないでしょうが、スマホの場合にはベッドの中でいじってしまうという方も多いでしょう。暗闇の中でスマホの画面を見ると目にもよくないですし、何よりも脳が活性化してしまい、質のよい睡眠を妨げてしまいます。寝ると決めたら、スマホは使わないようにしましょう。普通の携帯電話、いわゆるガラケーなどでも同じです。難しいかもしれませんが、睡眠に集中するようにしましょう。

専門的なアイテムを使う

senmonteki
乳首の黒ずみに悩んでいる女性というのは非常に多いものです。しかしながら、女性同士ではそういった話をしないこともあり、中には「乳首の色で悩んでいるのは自分だけ・・・」と考えてしまう方もいます。同じように悩む女性は本当に多いもので、そういった女性のために乳首のための専門的なアイテムというものも登場しました。アイテムこういったが登場するということは、それだけ需要があるということです。つまり、同じように乳首の色で悩んでいる女性は多いのです。自分だけ・・・と悲観的になることなく、積極的にこういったアイテムも使っていきましょう。

乳首のためのアイテムは多い

ホワイトラグジュアリープレミアム、薬用イビサクリーム、ヴィエルホワイト、ピンキーファインリー・・・乳首のための専門的なアイテムをざっと挙げただけでもこれだけのものがあるのです。いかに女性からの需要が高いのか、また乳首のことで悩んでいる女性が多いのかということがわかります。こういった専門的なアイテムの魅力というのは、やはりピンポイントでの効果が期待できるという部分です。乳首のためのアイテムになりますので、効果も期待できますし、実際に効果を実感している方も多いのです。市販されているアイテムになりますので、実際に使った方の評判などを検索することもできます。情報収集がしやすいというのもアイテムを選ぶ側にとっては、非常にありがたいのではないでしょうか。

乳首以外に使えるものも多い

乳首のための専門的なアイテムではありますが、実は乳首以外にも使えるというタイプのものも少なくありません。場合によっては、乳首はもちろん、全身にも使えるようなアイテムもありますので、乳首だけではなく全身のケアをしていくことも十分に可能なのです。効果を実感できるまでの期間というのは人それぞれですが、場合によっては思ったよりも早くに効果が出てアイテムが余ってしまったということもあるかもしれません。そういった場合には、乳首以外のケアにも使っていくことができるのです。まさに一石二鳥です。基本的に乳首のための専門的なアイテムというのは、女性にとって嬉しい成分がたっぷりと使われています。女性の乳首へのコンプレックスだけではなく、女性の美と健康もサポートしてくれることでしょう。もちろん、商品によって使える範囲というのも異なってくるでしょうから注意書きなどはしっかりとチェックした上で利用していきたいものです。

私が成功した乳首の黒ずみ改善方法


ホワイトラグジュアリー効果

自信を持ってお勧め出来る乳首の黒ずみを自宅で簡単にケアできるクリームです!万が一失敗しても全額返金保証もついているのでおすすめです。先着300名のお得な特典もありますのでぜひ!


ホワイトラグジュアリー